オレコレクションをやろう、ジャンプを読もう

かねてから配信を楽しみにしていた『週刊少年ジャンプ オレコレクション!』がやっと配信されたのでやりはじめた。

歴代のジャンプキャラがバトルする的なゲームで、「キャラカード」と「シーンカード」の二種類を組み合わせるのが特徴。
「キャラカード」を数枚組み合わせてデッキを作り、「シーンカード」でキャラカードを補強するという流れだ。


いっちばん褒めてあげたいところはカードの絵に原作絵を使ってること。
俺は何かにつけて原作至上主義だから、アニメーターが描いた絵とかだったら間違いなくやってなかった。

そしてこの原作絵が動く!
キャラクターが必殺技を使うんだけど、すげえ動くんだよ。
言葉では伝えづらいけどかなり感動する。実際やってみて欲しい。



やってみて他のソシャゲと違うなーと思ったのは、思い入れのある漫画のキャラはレアじゃなくてもうれしい、読んだことのない漫画のキャラはレアでもうれしくないってところ。

俺は01年~09年くらいまでジャンプを毎週買って読んでて、義務教育をジャンプで終えたと言っても過言ではないから、その頃のキャラが出たらうれしいんだけど、そんなジャンプを買わなくなった時期、つまりこの辺のカードが出るとすーーーんげえ微妙な気持ちになるんだよ!!

f:id:blanket0124:20170713055140p:plain f:id:blanket0124:20170713055207p:plain

一週間やって2枚だけ出た☆5カード。
トリコはまあいいや。
序盤しか読んでないけど、おもしろいしかっこいいから好き。

で、黒子のバスケなんだけどこれはツラい。
さっき「読んだことのない漫画キャラはレアでもうれしくない」って書いたけど、一番うれしくないのは「読んだけど挫折した漫画のキャラ」だわ。
黒バスは全巻貸してもらったけど、1巻しか読めなかった漫画だからツラいわ。


そう考えるとこのゲーム、販促に使えるな。
レアカードをきっかけにこの漫画読んでみようってなるかもしれないんだから。

あ…今までのジャンプキャラ総集合ゲームって全部そういう目的だったのか!?
なんてこった、俺は集英社の手のひらで踊らされてたってわけか。

『ポケモンGO』に怒ったり絶望したりした話

ポケモンGO』配信からおよそ1年が経った。
俺のトレーナーレベルは24。
さっき一ヶ月ぶりに起動して確認したから間違いない。

f:id:blanket0124:20170712012840p:plain
↑ オレご自慢のポケモン


「レイドバトル」なる新要素がはじまったらしいけど、今さら配信当初のモチベーションを取り戻すのは難しいな…というのが正直なところ。

そもそも配信から半年で金銀ポケモン解禁、1年でレイドバトル解禁ってのはおかしいんだよ。せめて三ヶ月でこれができてりゃどんだけ神ゲーだったか。


ポケモンGOが初お披露目された時の動画ってのを、さっき初めて見たんだけどびっくりした。1年経っても何一つ実現できてない要素ばっかりじゃねーか!!


【公式】『Pokémon GO』 初公開映像

f:id:blanket0124:20170712015137j:plain
↑んなもん見たことねーぞ!


「対戦」と「交換」がポケモンの肝だろ?
それが未だにできずにいるってどういうことだよ!?
今残ってるポケGOユーザーはずっと未完成品を遊んでくれてる聖人だと思う。


そんな聖人のひとりが俺のオカン。
トレーナーレベルは35くらいで、レイドバトルは周りの目が怖いから身を潜めてやってるらしい。

新作ゲームが出て、俺が誘う度に「いや、私ハマッたら長いからやらないようにしてるんだわ」みたいなこと言ってきたから、なに格好つけてんだコイツって思ってたんだけど撤回するわ、その継続力は賞賛に値すると思う。


俺のオカンに限らず、一定の層はポケモンGOをずっとやりつづけているらしい。「中高年に活路」とか「シニア層には根強い人気」みたいなネットニュースをいくつか見た。

っていうか俺のオカンはもう「シニア層」なのかよ…。
無性にがっくりきてしまったわ。

野球風ゲームの話

つまりパワプロの話です。
例によってアプリではなく、家庭用ゲーム機のほうの話です。

来たる7月13日の木曜日。
アップデートが実施されるようです。
これを期にみんなパワプロをやりましょう。ぜひやりましょう。

まだやってない人、今なら無料でできるんです!

www.konami.com

無料でやらせてくれるんです。
「あの」コナミが、ですよ?
だからやりましょう。過疎らないうちにやっときましょう。

アップデートに望むこと

さて、今回のアップデートだけど選手能力の更新や途中加入選手の追加はともかく、俺はとにかくゲームバランスの調整に期待したい。

っていうか、調整無かったらキレる。
現状のパワプロは野球ゲームとしてちょっと怪しい部分があったりなかったりする。
だから俺は「野球“風”ゲーム」と呼んでいるんだけど。


具体的に言えば「ランナーの足が速すぎる」
もうこれに尽きる。

とにかく転がしゃなんとかなる。
バントすりゃなんとかなる。
盗塁すればウエストしてもセーフになる。
前進シフト敷いても転がしゃセーフになる。
左打者からゲッツーが取れない。

ランナー一塁でバントしたら三塁まで進まれる。
ランナー二塁で遊ゴロ打たせて一塁に投げてる間に三塁まで進まれる。
この時ランナーを牽制してたら一塁がセーフになる。


まあ……書き始めたらキリがないんだけど、とにかく実際にプレイしてみたらお分かりいただけると思う。こういうことを狙ってやってくる悪質なプレイヤーもいるんだけど、「野球」というゲームのルールの範疇なわけだから、一番悪いのはバランス調整に失敗したコナミだと言わざるを得ない。

このゲームのせいでファイターズの西川選手と中島選手、というか北海道日本ハムファイターズは不当にアンチを増やしている。コナミ北海道民のためにも早くバランスを調整するべきだと思う。

ASMR動画の話

ASMR動画を見るのが好きです。

「ASMR」ってのは、詳しくわかんないけど「気持ち良い音」みたいなニュアンスの言葉らしいです。要するに、女の子や男の子が耳かきしてくれたり、なんかこしょこしょやってくれるのがASMR動画ということらしいです。


きっぱり言うけど、俺は女の子の動画しか見てない!
耳が男の気配を感じ取った瞬間心地良くなくなるので。

だからといって、女の子の動画を見る時にも注意が必要だ。
顔を晒していたり、胸のふくらみが大きすぎたり、映像がなくても声が色っぽすぎたりすると違う意味で心地よくなってしまうのでダメだ。

心地の良い音 or 声色気がないトークがつまらない
これが理想的なASMR動画三大要素。
まあ、三つ目に関しては大半が満たしてるから安心してくれ。


ちなみに俺がおすすめしたい投稿者さんは……ここでは書かないけど、おすすめのジャンルは断然「メイク道具紹介」の動画だ。
男からするとマジでお経唱えてるようにしか聞こえねえからすごくよく眠れる。

磨きがかかっている

スプラトゥーン2 Direct」を見た。


スプラトゥーン2 Direct 2017.7.6 プレゼンテーション映像



まったく任天堂という会社は…本当にけしからん。
なんですかこの新キャラは!
濃すぎる…濃すぎるんですよ!



このヒメっていうキャラクターは
「キュート」で「クレイジー」な「毒舌」「天才」「ラッパー」
この時点で5つのキャラ要素を持ってる。
これらに加えて「先輩キャラ」で、忘れがちだけど「イカ」っていう。

DJのイイダさんのほうはもっとすごい。
「イカばかりだった世界にタコが登場した」
これだけで十分なインパクトが与えられただろうに、
なんと黒ギャルにしてしまうとは…!

しかもこっちが後輩キャラで、
しっかり者だという入念なチューニングも施されてる。


もうね、控えめに言って変態。
開発チームに複数人、あるいは100%変態が紛れ込んでるよ!

前作のシオカラーズ人気がすごかったから、気合い入れて作ったんだろうなってのはすごく伝わってきた。しかし…万人受けしなさそうな要素でも、これでもかってくらい詰め込みまくったら逆に万人に受けそうなキャラに仕上がるんだな…。

CERO:A」を盾に、青少年の性癖を歪ませる有害コンテンツをぶっこみ続ける任天堂。その姿勢、俺は今後とも応援していきたい!

f:id:blanket0124:20170707025216j:plain

気づいたら俺は何となく夏だった

「透明少女」は否が応でも夏を感じさせてくれるすごい曲だと思う。


NUMBER GIRL - 透明少女

思ったんだけど、春から夏に気持ちが切り替わるタイミングって「家のクーラーをつけた瞬間」だね。俺たちは強い日差しによって夏を感じるんじゃなくて、クーラーの冷気を浴びることで夏を感じてるんだと思う。

振り返ってみると暑い中ラジオ体操した記憶より、その後家で朝っぱらから涼しい部屋でゲームした記憶のほうが強いし、冷たいプールで泳いだ記憶とか、かき氷食べた記憶とか、夏休み中の学校の図書館がキンキンに冷えててオアシスだった記憶とか、とにかく「熱」より「冷」のほうが夏の思い出として根強く残ってる気がする。


今年はどうにか6月いっぱいはクーラー起動するの我慢……って思ってたけど、30日の午後の暑さがあまりにもやばかったから、たまらずリモコンに手伸ばした。
だから個人的に2017年の夏は6月30日の午後をもって始まったこととします。



これで良いのか!?「ゲーム総選挙」

ドコモの「dマガジン」っていうサービスは便利ですね!
月額400円くらいでいろんな雑誌が読み放題。

雑誌なんてコンビニで立ち読みすればいいだろ…と俺も思ってたんだけど、公然の場では読めない女性ファッション誌とかも読めちゃうから、「おっ、このモデルの娘かわいいな…」となって便利。



それはともかく、俺が毎週読んでるのは週刊ファミ通

そのファミ通で結構前から行われている「ジャンル別ゲーム総選挙」と言う企画。
ゲームファンの投票によって、ジャンルごとに愛されているゲームベスト20を発表しちゃおうというものなんだけど、これがなかなかカオスなことになっている。



あんまりネタバレするのもダメだからぼんやり言うけど、今週の「レース&スポーツゲーム総選挙」では、TOP20のうち5作が『マリオカート』だ!
ちなみに俺が一番好きな『ダブルダッシュ』はランク外!ムカつく!!

そして先週発表された「シューティングゲーム総選挙」では、並み居る名作を抑えて『ゴシックは魔法少女というソーシャルゲームが1位に輝いた!

俺はシューティング詳しくないからあまり強いこと言えないけど、「これで良いのか?」感は拭えない結果になっている。



個人的に一番ええー!?ってなったのが「アクション・アドベンチャー総選挙」

新作補正もろもろ考えて『ゼルダの伝説 BotW』が1位だ!と思ったら3位。
あれ?と思いつつ考えた結果、ああシェンムーだ、シェンムーが1位なんだな!と思ってページをめくると2位に『シェンムー 一章 横須賀』。
さらにページをめくると、1位は龍が如く0だったから驚いた。

なんで驚いたかって、龍が如くはもうベスト20以内に3作ほどランクインしてたからだよ!まあ初代が1位ならまだ納得だけど『0』なのはなあ…。やったことないけど、そんなにおもろいんすか?



いずれのランキングにしても、投票者の層に偏りを感じずにはいられない感じになってる。実際発表されてるんだけど、今週の「レース&スポーツゲーム」に関しては、男性票が91%らしいからね…。

天下のファミ通が大々的にやろうってんなら、もうちょっと企画を練ってほしかったかな…!って思う。