無理しないでください、と言いたい

最近のテレビ番組の演出について、

納得の行かない手法がひとつある。

 

それは「画面の一部に視聴者の声(ツイッターなど)を表示する」というもの。

 

なんかネットとテレビの連携感出しちゃってますけど、画面に表示されてる「視聴者の声」とやらは、どう考えても制作側が「これは載せても良し、これはダメ」という感じで選んでますよね?抽出してますよね?

 

その時点で全然ダメじゃん、そんなに連携できてないじゃん。

 

ツイッターと連携したければ、ほんの一瞬ずつでいいからハッシュタグ付けたツイート全部流してみろって話だよ。そんなの無理だろ?「うんこ」とか「ちんちん」とか流せないもんなあ?

 

天下のNHKまでもが、なんなら率先してこのクソ演出をやってるのが腹立つ。

あの23時頃のニュース番組とかだよ。

あの演出を除けば雰囲気とか好きなのに。

 

ツイッターで政治だのなんだの語ってるやつらがあんな穏やかなツイートするわけねえじゃん。言っちゃ悪いけどアレな感じのツイートばっかりだよ!

 

テレビ番組を作ってる人たちが、視聴者とつながりたいっていう気持ちは分かるし、そうすべきだと思うけど、今のこの状況はつながり方を間違えてるとしか思えない。

 

別にいいじゃんか、メールコーナーと題して、

「ここで視聴者からの声を紹介します」みたいに読むだけでさあ。

 

そんな無理してネットとのつながりを出した気にならなくていいじゃないですか。

壁の一枚や二枚隔てたっていいじゃないですか。

 

制作側が選り好みしたツイートを垂れ流すのは普通にムカつくだけだからやめたほうが良いと思うんですけどねえ…?