次にくるマンガ大賞

というのがあるらしい。

tsugimanga.jp
ノミネート作品の中から、ユーザー投票で大賞を決定するとのこと。
投票期限は7月21日(金)まで。時間がない!

こんなイベントを今まで見過ごしていたなんて……!
というのもノミネート作品の中に、ぜひダイレクトマーケティングしたい漫画が二つほどあったからだ。その二つとは『Dr.STONE』『堕天作戦』!!

今回はその話をしていきたいと思う。
別に漫画のあらすじをうだうだ言うつもりはない。
上のサイトから試し読みできるから、
第一話を読め!響かなかったら残念!それだけの話。

Dr.STONE

 

天下の週刊少年ジャンプ連載作品ということで、知ってる人も多いと思う。
原作は『アイシールド21』の稲垣理一郎、作画は『サンケンロック』のBoichi
この時点でジャンプの本気度が伝わってきただろう。

Boichiさんのことは申し訳ないがあまり詳しくなかったんだけど、絵柄を見て一言「クセが強い」と感じた。このクセの強さは人を選ぶ要素でもあるけど、今のジャンプにおいては最大の強みじゃないかと思う。

だってさあ…見てみろよ今のジャンプ連載陣を。サンデーかよ!ラノベかよ!コロコロコミックかよ!!と言いたくなるような絵柄ばっかり。別にジャンプらしさなんて存在しないし求めないけど、理屈じゃない「やだなあ」感を感じてたんだよ。

そこにドクターストーンの登場ですよ。もうワクワクが止まんなかったね。こいつならやってくれる。革命を起こしてくれると。

絵だけじゃない。ストーリー展開も異彩を放ってる。
まず第一話を読んでほしい。絶対言うから、「そんなバカな」って。
黄金期のジャンプ漫画を彷彿とさせる超理論とそれを気にさせない圧倒的勢い。

そう、勢いがすごい。とんでもない速さでストーリーが展開していく。
一話目の時点で3700年だからね。飛ばしまくってるよ。

正直はじまったばかりの漫画で、どうなるのか見当もつかない!
でも俺はジャンプの看板を背負う漫画になると信じてる。そんな漫画です。

堕天作戦

 

堕天作戦 1 (裏少年サンデーコミックス)

堕天作戦 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

  Web漫画サイトの「裏サンデー」で連載されている作品。
スマホなら「マンガワン」で読める。

この漫画もね…とにかく1話を読め!ということに尽きる。
プロローグの「虚空処刑」Part1~3の3話。無料で読めるから早急に読んでほしい。
マジでPart3まで読んでほしい。Part1でページ閉じた奴ぶっ殺す。

そこまで読んで何にも感じないようならもう何も言わない。
同じ人間だと思わないようにするだけだから。
俺にここまで言わせるレベル。とにかく読んでほしい。

で、「虚空処刑」を無事読み終わって次話に進もうとしてる人にアドバイスしたい。

とりあえず次章の「竜姫活殺」を一通り読む。そして次の「天獄囚徒」を読む。
するとね…なんだか世界観、そして作者からの置いてけぼり感を感じると思うんだ。
難しいワードがいっぱい出る割に解説役のキャラがいないからね。仕方ないね。

ここは焦らず一旦「虚空処刑」に戻ろう。
「虚空処刑」から「天獄囚徒」のループを三週ほど繰り返す。こうすることで内容がすっきり理解できるはずだ。

というか更新速度がけっこうかなり遅いから、最新話が更新された時に内容を思い出そうとして初回から前回までを一周する読み方になってしまうんだよね。
読むのにすごく労力を必要とする漫画なんだけど、おもしろいから読んじゃうのがこの漫画のすごいところ。



さて……このブログを読んで、そして漫画も読んだ人は投票しましょう。今までこの手のイベントは「こんなもんの大賞になった漫画なんてぜってえ読んでやらねえ」くらいに思ってたんだけど、今回は別だ。

この二つに大賞を受賞してもらいたい。
特に『堕天作戦』はぜひ!
ぜひバカに見つかってもらって、アニメ化実写化してもらって、小栗旬にでも主演を務めてもらいたい。